交通事故弁護士特約を付けておくべきエピソード集

日本人は一生の内で5割以上が交通事故に遭遇する

交通事故というものは、普段、普通に生活していても遭遇してしまう恐れのあるものです。
とある統計によると、一生のうちで交通事故に遭遇する確率は、何と5割以上にもなるそうです。
自分だけでなく親兄弟なども考慮すると、人生の中で1回は身の周りで大なり小なり何らかの事故が発生するという計算になります。

保険会社は大手を選ぼう!

まず、数ある自動車保険の中でどこがいいのかという話をすると、昔ながらの大手の保険会社のほうが万が一の事故の際にもスッキリとトラブルなく問題解決を図ることには長けているのではと考えられます。
間に入る損害保険会社の対応の悪さによって加害者自身が恨まれてしまっては元も子もないです。
トラブルを飛び火させない意味では被害者に恨みを引きずらせずに円満に解決を目指すこともとても重要です。

弁護士特約は転ばぬ先の杖

次に話を変えて、事故に遭った場合の弁護士に依頼するかどうかの判断の基準ですが、交通事故弁護士ランキングによると、被害者に過失が全く無く、相手の提示した慰謝料に全く不満が無いような場合は依頼する必要はないようです。
しかし、実際には損害保険会社がわが提示した金額に納得が行かないようなケースや、車両同士の事故の場合にはどっちが加害者か被害者か分からないよう案じた芋考えられます。
このように提示金額に納得がいかない場合や過失割合に納得がいかないような場合には弁護士に依頼することを考えると良いです。
特に外資系の保険会社や、ネット通販型の保険会社などは示談の金額を相当安く見積もってくる傾向にあるので、反論するべきなのですが、相手はプロですので素人で言い負かすのは不可能に近いです。
こういった場合に備え、最近では弁護士費用特約というものを着けているところが増えてきました。
これは保険会社の変わりに弁護士が交渉してくれるというもので、弁護士に支払う費用も保険会社側が支払ってくれます。

最新記事