交通事故では弁護士費用補償特約が役に立ちます

弁護士費用補償特約の基礎知識

弁護士費用補償特約とは、自動車保険の特約で、自動車による交通事故において裁判になるなどして弁護士を雇うことになった場合の費用を補償するものです。
それでは、自動車事故において弁護士を活用するケースとは、どのようなものがあるのでしょうか。

弁護士が活躍するケース①もらい事故

まず、もらい事故です。
例えば、自分の車が信号待ちで停車していたところ、相手の車が後から追突してきたとします。
この場合、こちらには過失が全くありませんので、自分の契約している保険会社が相手方と示談交渉することは、弁護士法上、禁じられています。
相手方がきちんと誠意を見せて賠償してくれればいいのですが、中には賠償をしてくれない人もいます。
そんな時は、最悪、弁護士を雇って訴訟によって賠償請求するということになります。

弁護士が活躍するケース①過失割合と賠償額

それから、過失割合でもめることがあります。
それは、車線変更上の事故や交差点での事故、駐車場内での事故等様々なケースで起こります。
この場合でも、最悪訴訟に至ることがあります。
さらに、損害賠償額において不服な場合も訴訟で解決するという事態が起こりえます。
このように、自動車事故において弁護士を活用することが必要となるケースは、結構あるのです。

高額の弁護士費用を補償してくれます

その際、弁護士を雇えば、当然ながら費用が発生しますし、訴訟における費用も発生するわけです。
そうなるとこれらの費用は決して安くはありませんので、費用捻出するのは大変です。
そんな時に弁護士費用補償特約があると、費用の上限はありますが、自動車事故において法律的にもめてしまった場合でも安心して弁護士に依頼することができます。
自動車保険においては賠償責任補償などの基本となる補償はもちろん大事ですが、こうした特約についてもきちんとチェックすることが大切です。