交通事故の弁護士費用は保険の特約を活用しよう!

交通事故の時に役に立つ弁護士費用補償特約

例えば、自動車を運転していて信号待ちで停止していた時に、相手の車が後ろから追突してきたとします。
この時、相手側がきちんと賠償をしてくれれば問題ないのですが、誠意を見せずに賠償に応じてくれないケースもあります。
では、この時に保険会社が自分に代わって相手側に損害賠償請求をすれば問題ないではないかと思うかもしれません。
しかしながら、もらい事故においては、保険会社が当事者として相手側と交渉することは、弁護士法上、禁じられております。
では、弁護士を雇って、最悪の場合、法廷で決着をつけることも考えられますが、弁護士費用をどこから捻出するかという問題があります。
そんな時に役に立つのが自動車保険における弁護士費用補償特約です。

交通事故特約で弁護士費用をまかなおう!

この特約を備えていれば、弁護士を雇う費用なども対応できるのです。
それから自動車における交通事故において、弁護士が登場する場面は、もらい事故だけではありません。
例を挙げると、過失割合が決着しない場合があります。
お互いに自分は悪くない、相手が悪いとか主張するケースです。
その場合も、法律上の争訟に発展することもあります。

訴訟の時、トラブル時に非常に役に立つ特約です

それから、自動車による事故とけがとの因果関係において法律上の争訟に発展する場合があります。
例えば、後遺障害を負うけがを負ってしまった時に、その後遺障害が自動車による事故と因果関係があるかということについて争われる場合があるのです。
このような時に、弁護士費用補償特約は非常に役に立つわけです。
自動車保険の補償を考える際、賠償責任補償や車両保険などについて考えることは当然必要ですが、この特約についても備えておくと良いでしょう。
何かあった時のために対応できるように保険を備えるといいですね。