意外に知られていない交通弁護士

示談金の交渉はプロフェッショナルの助けが必要

事故に遭い、車をぶつけられたり怪我をした場合、大概の場合は双方の保険会社に連絡を取って車の修理をしたり、病院などへ通院したのち加害者側の保険会社から被害者が示談金をもらい終了となります。
しかし、その示談金の額が妥当なものかはわからず、なんとなく提示された金額を受け入れてしまっている人も多いのではないでしょうか。
そんな時、頼りなるのが交通弁護士なのです。

交通事故弁護士の役割

交通弁護士は被害者と保険会社の間に立って示談金の提示額を最大限になるように交渉してくれるのです。
例えば示談金200万円の場合、交渉次第では220万円になることもあるわけです。
では、何で保険会社が提示する示談金を増額できるのでしょうか。
それは保険会社の基準「任意保険基準」によって示談金が決められるからです。
これは各保険会社が独自に定めている基準なので裁判所が定める「裁判基準」より大幅に低いのが通常です。
だから弁護士が交渉すれば、より「裁判基準」に近い金額を獲得することができるので、結果的に増額となるわけです。

弁護士費用を補助するのが特約の役割

しかし、弁護士を雇うとなると費用がかさむのではないかと思われがちですが、実際は増額した分の20パーセント程度を成功報酬としているところがほとんどです。
料金も後払いが一般的のようです。
相談料も無料の所が多く、依頼者が損をするようなことは無いと言えるでしょう。
交通弁護士を探す時ですが、最近はインターネットも普及しているのでウェブ上で検索して適切な法律事務所を見付けることが早道となります。
何にせよ事故の被害者になったら、これまでのように保険会社に任せるのではなく、専門の弁護士さんを雇って交渉する方が、安心かつ得であることは間違いないと言えます。