交通事故を起こせば百害あって一利なし

多いのは交差点での出会い頭の接触事故

交差点での出会いがしらの事故などは非常に多い交通事故です。
自動車を運転していたら、自分が事故を起こさなくても、当てられることもあり、止まっていても、ぶつけられることもあります。
対人対物いずれも交通事故を一度起こすと後始末が大変です。
事故直後には警察を呼んで現場検証が必要ですし、事情聴取のために警察に出向くことも必要です。
忙しい仕事を持っている人にはそれだけでも負担です。

被害者も加害者も事故案件では疲れ切る

そのあとは、通常加害者は加入している保険会社の社員が加害者のかわりに事故の金銭的な後始末をしてくれますが、対人の場合はお見舞いに行ったりしますが、それ以上に精神的ダメージもうけます。
交通裁判所に出頭する必要のある場合もあります。
自動車同士の対物の場合は、双方の保険会社で、いくらずつの割合でカバーするかを保険会社の社員が話し合って決めてくれますが、一方的に被害にあった場合は、保険会社が対応してくれる費用は最低限にとどめられます。

交通事故で不幸になるケース

かつて家の前に止めていた小さな車に、よその大型車がぶつけて、うちの車が大破した場合、新車でなかったので、かなり安い評価額での弁償金を提示されました。
その車は廃車にしなければならなくなりましたが、次に買う車はとてもその弁償金では購入できません。
本当に嫌な思いをしました。
また、信号で止まっていたとき、追突されてむち打ちになった後遺症は、視力にまで影響し、いくら病院の治療費を出してくれても、すっきり完治することはなく、これ以上治らないと言われました。
また、これは私の経験ではありませんが、逆の立場で友人がタクシーに追突したとき、ドライバーがずっと入院して保険会社が治療費と休業補償をずっと支払った話も聞いています。
いずれにしても交通事故に関わらないよう心がけたいものです。